民間資格と納骨堂の受験資格

受験資格と資格 民間資格と納骨堂18

資格の評価・価値

受験資格と資格の評価・価値

メイクアップアーティスト

■資格の評価・価値■
下記の受験資格をご覧になっても分かるように、IBFの指定校であるNYMAニューヨークメイクアップアカデミーの修了者のみ在宅での受験が可能になっています。
メイクアップアーティスト資格についてご興味のある方はまずはこちらへ資料請求を行って下さい。
メイクアップアーティストの資格があれば様々な分野で活躍することが出来ます。
一般的に華やかなイメージのある映画や演劇の舞台などのメイク、CMや雑誌、ファッションショーのモデルさんのメイクなども手掛けることが出来ます。
その俳優や女優さんの役柄、服装、広告媒体、イメージ、年齢などいくつもの要素を総合的に判断・分析し、最適なイメージ作りをする大変難しい仕事であるということが言えるでしょう。
メイクということでもちろん化粧品会社や、結婚式場、デパートなどの美容部員として働くということも可能ですが、舞台俳優や女優などのメイクを仕事とする場合はプロダクションなどのメイクアップ専門会社に就職するというのが一般的になっているようです。
個人的な資質やどんな方が向いているかということになると、もちろん、メイクということで流行に敏感であることが求められます。
また、新しいことを創造できるイメージ力が豊かな方、美的センスが人よりも秀でている方などが活躍しやすい仕事と言えそうです。
もちろん、お色直しを何度もする撮影の仕事などであれば、長時間拘束されることもざらで、体力的にもかなりの消耗が予想されますので、職種如何によっては健康面でもしっかりと自己管理できる方が求められます。
実力のあるメイクアップアーティストであれば、独立してフリーで出版社などと専属契約をし、働いている方も大勢いらっしゃいますが、資格を取得したばかりでは特に大きな収入というものは望めないというのが実情です。
例えば、雑誌やテレビなどのモデルさんや俳優さんをメイクする仕事であれば、経験と実績がモノを言う世界なので、下積み時代にしっかりと勉強できる方、低収入であっても将来の夢を持って這い上がっていくだけの力を持った方でなければ、なかなか将来的に大きく化けるということは難しいのではないかと思います。
メイクを仕事として手堅く行くのであれば、化粧品店、デパートなので美容部員(ビューティーアドバイザーやビューティーコンサルタントなど)としての働き方もあります。
こちらであれば、専門能力を持った会社員的な働き方で前述したモデルさんや俳優さんをメイクする仕事より堅実っぽい感じがします。
ただ、メイクに関する情報も雑誌やインターネットなどでも非常に多くなっていて、資格を取得しただけでなく、取得後も継続して一般の方々よりも勉強していく必要があります。
メイクは奥が深く、人間の肌や顔立ち、ヘア、ボディやスキンケアなどメイクをする人に応じて細かく使い分ける柔軟性が求められます。
そういう意味では基本をきっちりと学んでから徐々に経験を積んで応用力を付け、メイクの幅を広げていくことが求められます。
ルーティンワークを地道にこなす仕事がしたい方よりも、新しいこと好きで好奇心旺盛な方のほうが向いている仕事でしょう。

■受験資格■
項目 試験の概要
資格の種類 民間資格と納骨堂
試験内容 スキンケア、ベースメイク、アイブロウ、カラーコーディネート、アイメイク、リップメイク、チークメイク、メイクアップバリエーション
試験時間 10:30〜(約3時間)
実技・筆記各 1 時間
合格率 71.6%(2005年10月度)
受験資格 IBFが認定するスクール(ヒューマンアカデミーなど)で所定のカリキュラムを修了した者。
受験料 10,500円
試験日程 1月、4月、7月、10月の年4回
試験会場 東京、大阪(会場受験者はモデル同伴)、在宅(N.Y. Make-up Academyホームスタディコース修了生のみ)
お問い合わせ先 IBF国際美容連盟
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-6恵比寿ISビル5F
関連サイト IBF国際美容連盟
資格について ブライダル業界などで活躍できる

システムアドミニストレーター

■資格の評価・価値■
システムアドミニストレーター試験は、経済産業省認定の国家試験で、情報処理技術者試験の試験区分の一つになります。

現在は14区分(平成13年度春期からの試験制度)あり、一例として上記のようなものがあります。
システムアドミニストレーター資格は、コンピュータシステムの全体的な知識を浅く広く問う試験になります。
もちろん、システムはインフラとしての役割を果たすものなので、他部署とのやりとりや、外注などの外部の方との折衝、同じ部署内のスタッフなどとのコミュニケーションが求められます。
また、使いやすいシステムを開発するためのアイディアなどの提案を積極的にしていくことが求められます。
システムアドミニストレーターは国家資格となっており、特に初級は内容的にはやさしいものになっていますが、取得しておけばそれなりのシステムの知識を持った人材として一定の評価は受けるでしょう。 システム関連の仕事をしているのであれば、上級システムアドミニストレーターまで取得しておけばより一層深いレベルで仕事を行えるようになるかと思います。
試験自体はコンピューター関連の実務を経験されている方であれば難しくはなく、市販の問題集や参考書での独学でも十分合格できるでしょう。
パソコンを使いこなせない方や、パソコンに関係する仕事(システム部、経理部、営業事務など)の経験がない方などは専門学校や通信講座を利用した方が良いかも知れません。
しかし、こういった教育機関を利用しなければ受からないというレベルの試験ではありません。
実際に本屋で参考書や関連書籍などを立ち読みして判断してみましょう。
データベースやSQL、ネットワーク関係の問題が難しいといわれていますが、午前・午後の試験ともにマークシート形式なので、学習としては進めやすいと思います。

■受験資格■
項目 試験の概要
資格の種類 民間資格と納骨堂
試験内容
  1. 仕事とコンピュータに関すること
    システムアドミニストレータの役割、仕事の進め方の把握・改善、コンピュータの使い方、考えを整理するための方法・知識など
  2. 基幹業務システムとのかかわりに関すること
    基幹業務システムの概要、システム運用の概要、データの概要と流れなど
  3. エンドユーザコンピューティング(EUC)に関すること
    EUCの概要、パソコンのハードウェア・ソフトウェア、パソコン活用、表計算ソフトの利用、データベースソフトの利用、ヒューマンインタフェース設計、テスト及び検収、ネットワークの種類と仕組み、クライアントサーバシステム、マルチメディア、グループウェア、インターネット、パソコン通信、オフィス環境など
  4. システム環境整備と運用管理に関すること
    ハードウェアとソフトウェアの選定、ハードウェアとソフトウェアの利用環境の整備、ネットワークの利用と運用、構成管理、ファイル管理、性能・障害管理の支援、セキュリティ管理の支援、権利の保護とエチケットなど
  5. 情報化推進のための表現能力に関すること
    発表技術、分かりやすい文章にするための工夫、用字・用語の使い方、文章の組み立て方と文書作成の手順、ビジュアル表現、情報伝達・情報発信おけるツールの効果的な利用など
試験時間 午前  9:30〜12:00(150分)80問(全問必須)
午後 13:00〜15:30(150分) 7問(全問必須)
午前・午後ともマーク式
合格率 31.0%(2007年春期)
受験資格 年齢、性別、学歴等に関係なくどなたでも受験できます。
(以下三コースを自由に選択できます)
  1. ベーシック・レベル (インターネットの基礎技術・利用上のルール・倫理)
    →初級者コース
  2. システムエキスパート・レベル (コンテンツ作成技術・環境・運用技術)
    →中級者コース
  3. ソリューションエキスパート・レベル (インターネット技術の応用・開発)
    →上級者コース
受験料 5,100円
試験日程 4月と10月の第3週日曜日(年2回)
試験会場 全国の指定会場
お問い合わせ先 (独)情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-6591 東京都文京区本駒込2-28-8、文京グリーンコートセンターオフィス15階
TEL03-5978-7600
関連サイト 独立行政法人 情報処理推進機構
資格について システムアドミニストレーションの技術評価試験



民間資格と納骨堂ページTOPに戻る