民間資格と納骨堂の受験資格

受験資格と資格 民間資格と納骨堂8

資格の評価・価値

受験資格と資格の評価・価値

POP広告クリエイター

■資格の評価・価値■
スーパーに書店など、小売業界のみならずサービス業においても、POP広告の効果は侮れないものだと思います。
新潮社の『白い犬とワルツを (新潮文庫)』は書店員のPOPからじわじわ火が付き、150万分を超えるベストセラーになりました。
店頭のPOP以外でも、チラシやメニューを見て、思わず購入したことはありませんか。
POP広告クリエイター技能審査試験は、昭和62年より厚生労働省の「技能審査認定規定」に基づき、厚生労働大臣の認定を受けスタート、2002年より準公的資格試験として実施されています。
POP広告は単なる販売促進ツールではなく、消費者と商品、店舗をつなぐコミュニケーションのような役割を果たしているといっても過言ではありません。
POP広告クリエイター試験は、平成22年2月実施の試験で受験者数406人で合格率は68.2%となっています。
一見合格率は高いのですが、資格を取得したからといって、即仕事に直結するのかといえばそんなことはなく、受験者の多くが小売業、サービス業などに従事しながら、その技術の向上を図るといったケースが多いようです。
現在は安くて高性能なパソコンが非常に普及しています。
自宅や職場にパソコンがあれば、品質はともかく、POP広告を誰でも簡単に自作できる時代になっているのも事実です。
しかし、いざPOP広告を制作していくとなると、やはりその現場をよく知り、商品の特性と消費者のニーズを敏感に嗅ぎ取り、それらを的確にPOPに表現するセンスが非常に重要になって来ます。
POP広告クリエイター試験自体は販売の実務と非常に絡んでいる内容になっていますので、POP広告クリエイターを考える方は、販売士の資格を取得してみることを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

■受験資格■
項目 試験の概要
資格の種類 民間資格と納骨堂
試験内容 学科試験、実技試験が100点満点中ともに60点以上で合格。
●学科試験:正誤式で50問、マークカード使用。
1.販売促進一般とPOP広告
2.POP広告の種類と役割
3.POP広告作成の一般知識
4.POP広告作成に使用する用具、 用紙の種類、用途及び使用方法
●実技試験:POP広告作成作業
レタリング(角ゴシック、丸ゴシック)・装飾文字による横長熟語・ショーカード作成・プライスカード作成・ポスター風POP作成
試験時間 学科試験:30分
実技試験:160分
合格率 68.2% (2010年2月実施分)
受験資格 年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも受験できる。
受験料 5,250円(個人で申込みの場合は別途郵送切手代160円が必要)
試験日程 年2回(8月と2月)
試験会場 全国主要都市の一般会場および、団体会場(受験者20名以上)
お問い合わせ先 社団法人 公開経営指導協会(略称JCI)
〒104-8114
東京都中央区銀座2-10-18 東京都中小企業会館内
TEL(03) 3542-0306   FAX (03) 3541-9044
資格について 感性を生かして商品と消費者をつなぐ

フラワーデザイナー

■資格の評価・価値■
花に関する資格は非常に多く、国家資格ではフラワー装飾技能士があります。(社団法人都道府県職業能力開発協会が実施)
それぞれ講座を実施する専門学校やスクールなどでの認定資格も多いのですが、このページでは一番ポピュラーなフラワー資格である「フラワーデザイナー」について受験資格を掲載しています。こちらは民間資格と納骨堂になります。
フラワーの資格は前述したとおり数が多いということと、ほとんどが民間資格と納骨堂ということもあり、学校選びが最大のポイントとなります。
ご自身が学びたいイメージと合っているかどうか、将来の仕事を見据えて方向性が一致しているかどうかなど、一番しっくりとくる講座を選択して学習を開始することが決め手になると思います。
資格取得を目指される方は是非、色々な専門学校や通信講座を比較検討してじっくり選んで頂ければと思います。
結婚式などの冠婚葬祭のシーン、成人式や七五三、お祭りなど、花を必要とするシーンは思い出に残るイベントが非常に多く、満足のいく飾り付けが出来れば大変喜ばれる仕事です。
そういった大きなイベント以外にも美容室でのちょっとした髪飾り用の花のアレンジの仕事や、生け花などにも大いにそのフラワーの技術を活かすことが出来ます。
おけいこ事としての花も非常に人気があり、技術的にもある程度経験を積んで行けば、自宅の一室をフラワー教室などにして生徒に指導するといった自宅開業の可能性も開けます。
花を触るのが好きな方、花に囲まれた仕事をしたい方、華やかな演出をプロデュースしたい方などにはもってこいの技能になります。

■受験資格■
項目 試験の概要
資格の種類 民間資格と納骨堂
試験内容 ●学科試験:45分
●実技試験:アレンジメント、ブーケ、コサージから1テーマずつ出題
アレンジメント(35分)
・トライアンギュラー
・エルシェイプ
・ヴァーティカル
ブーケ(60分)
・ラウンド
・キャスケード
コサージ(30分)
・ラウンド
●支給花材・資材(2007年4月度の場合)
カーネーション(ブーケがラウンドの場合15本、キャスケードの場合19本、コサージ用4本を含む)・小菊10本・タマシダ20枚・ツバキの葉(ブーケがラウンドの場合約18枚、キャスケードの場合約30枚)・レザーリーフファン1本フローラル吸水フォーム1/2個。
★各級いずれの試験出題テーマも、試験日の一ヶ月前にNDFホームページ及び、受験票に同封の案内にて発表。★
試験時間 試験内容の欄参照
合格率 指定花材編試験:3級 89%、2級 95%、1級 80%(2004年度)
受験資格 3級受験資格
下記のいずれかの条件を満たす者。
・普通会員、非会員は問わないが、受験日の40日前までに、受験必須単位として40単位以上を履修した証明(履修認定書)をNDF講師から受けたもの。
・資格認定委員会から受験資格を認められた者。
・3級フラワー装飾技能士の有資格者で合格証書の写しを提出する者。
受験料 指定花材編試験:3級15,000円、2級20,000円、1級25,000円
試験会場 札幌、秋田、仙台、新潟、金沢、東京、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、米子、徳島、松山、福岡、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
お問い合わせ先 (社)日本フラワーデザイナー協会
〒108-8585 東京都港区高輪4-5-6
電話 03-5420-8741
関連サイト (社)日本フラワーデザイナー協会
資格について 受験勉強で得た知識が実務で役立つ



民間資格と納骨堂ページTOPに戻る